spNav

ニュースリリース

第一期「T-VENTURE PROGRAM」 受賞企業インタビュー Vol.2 公開!

最優秀賞受賞 株式会社アグリメディア  代表取締役社長  諸藤 貴志氏

/agrimedia_01-まずは、現在進めている連携プランについて教えてください。

 私たちの展開するサポート付市民農園「シェア畑」への見学者・利用申込者へのTポイントプレゼントキャンペーンの実施や、「T-SITE」上での広告掲載、また「シェア畑」を活用して農業体験をおすすめするような記事掲載などのコンテンツ作成等で連携を進めています。

また、これは9月中旬からの予定ですが、HiTAPというデジタルスタンプサービスを活用して、農園利用者の来園促進や利用者動向把握を進める取り組みも行います。

周囲からも「T-SITE」の記事を見た、という声が聞こえてきていて、影響力の高さを感じています。

T-VENTURE PROGRAM(以下、TVP)に応募しようと思ったキッカケは何ですか?

  「シェア畑」は、「畑で楽しむ週末」をコンセプトに、日本人のライフスタイルの中で野菜作りを楽しむことを一般化することを目指しています。TVPに応募するにあたり、ライフスタイル提案を行い実績もあるCCCグループとの連携により、私たちの掲げるコンセプトとのシナジーを感じ、応募しました。

ただ、CCCグループの得意とするエンタメ領域と、私たちのサービスはカテゴリが異なっていたので、最優秀賞を受賞した瞬間は、非常に驚いたと同時に、私たちに期待を寄せていただいているということを感じました。

agrimedia_02-TVPに参加して、大きな変化はありましたか?

  TMHの方々と連携し、日々打ち合わせを重ねる中で、私たちのサービスをもっと一般化していくために、「最初から農や食に興味のある層」だけでなく、もっと幅広い層の潜在顧客へのアプローチ方法を考えていく必要性を感じ始めています。

特に、Webを活用したアプローチについては、まだまだ改善していく余地があることがよくわかり、現在本格的な改善を進めつつあります。

「T-SITE」を活用して、広告や記事によって露出をしてくことで、潜在顧客のニーズを掘り起こしていければいいなと思っています。

また、受賞したことで、より多くの方に私たちに興味を持っていただき、他の企業からのアライアンスの相談も増えました。

-CCCグループとの連携プランについて、今後の展望を教えてください。

  潜在顧客との新たな関係の構築、をテーマにTSUTAYAの店舗網をはじめとしたリアル/デジタルを織り交ぜたさまざまなチャネルを活用していきたいです。
また、9月にスタートするデジタルスタンプの取り組みを発展させることで、既存利用者に対しての利用者満足度の向上も同時に図って生きたいですね。

-最後に、第二期 TVPにエントリーを検討される企業様へ、ひと言お願いします。

CCCグループの皆さんが、一緒になって真剣にアライアンスを考えてくれるので、非常に心強いです。私たちベンチャー企業からすると、とても魅力がありメリットの大きなプログラムだと思いますので、参加する価値があると思います。




優秀賞受賞 株式会社コトコト  代表取締役  門松 信吾氏

img alt=-まずは、現在進めている連携プランについて教えてください。

  現在、会員獲得を中心としたマーケティングとブランディングの両面で連携を進めています。

マーケティングの面では、私たちのサービスである「filme(フィルミー)」 の「T-SITE」グローバルナビへの設置や、バナー広告掲載による会員獲得施策を中心に行っています。

ブランディングの面では、「filme」ならびに動画そのものの魅力を直接ユーザーに伝えるために、8月下旬に湘南T-SITEのイベントスペースでリアルイベントを開催しました。

スマホの普及によって、動画をとる機会が増えているいま、撮影した動画を見返さないのはもったいない。特に、小さいお子さんとの日常のワンシーンを切り取って動画に残せることは、貴重な思い出を残すことにつながると思っています。イベントを通じて、そんな私たちの想いを感じていただき、動画を撮るキッカケを創出できれば、と考えています。

T-VENTURE PROGRAM(以下、TVP)に応募しようと思ったキッカケは何ですか?

  "CCCグループは、「T-SITE」を通じて、お客様の生活がより豊かになる新たなカルチュア・インフラを創りあげたいと考えています。" という募集要項を見て、「これだ!」と感じるところがありました。私たちは、「filmeを通して心豊かな社会を作り出したい」という想いを持っておりますので、まさにCCCグループの考えと共存できるだろう、と感じたのです。

また、Tポイント経済圏を活用したマーケティング面も、とても魅力に感じました。起業したばかりの私たちにとっては、集客・マーケティングは、まだまだ課題を抱える部分ですので、そういった面をCCCグループと連携できることは、私たちの事業成長にとってプラスになると思い、応募しました。

cotocoto_02-TVPに参加して、大きな変化はありましたか?

 TMHの方々は、これまで漠然と考えていたイメージの実現や新たな事業アイデアのブラッシュアップをひざを突き合わせて、スピード感を持って取り組んでくれています。

TMHの方と一緒に取り組んでいく中で、コラボできそうな企業を紹介していただいたり、CCCグループのアセット活用を掛け合ってくれたりと、リアルとネット双方に事業を展開するCCCグループならではの連携アイデアを生み出せていると感じています



-CCCグループとの連携プランについて、今後の展望を教えてください。

現状行っているT-SITEでのバナー掲載や、イベント開催などの単発的な施策に加え、T-SITEを訪れるユーザーに継続的な価値を提供できるコンテンツを一緒に作っていこうと話をしています。
具体的には、"ライフスタイルの提案"というコンセプトを軸とした、家族で楽しむことができるコンテンツや、お子さま向けの動画コンテンツなど、動画撮影がお子さまにとって特別な体験となるようなコンテンツづくりができれば、と思っています。

-最後に、第二期 TVPにエントリーを検討される企業様へ、ひと言お願いします。

 TVPに関わるCCCグループの皆さんは、まるで自社サービスのように、我々ベンチャー企業と同じ目線でサービスを見つめ、本気で支援してくれます。彼らの目指す世界と共存し、ともに成長していきたい企業にとっては、次の成長ステージへの一歩とすることができる、そんなプログラムだと思います。



審査員特別賞受賞 株式会社坂ノ途中 代表取締役 小野 邦彦氏

img alt=-まずは、現在進めている連携プランについて教えてください。

  今は、「T-SITE」に食関連の記事を提供することや、「T-SITE」に掲載されるバナー広告から当社サービスに送客をすることをメインに連携しています。その他にも、「T-SITEナンバーくじ」に景品を提供したり、6月には二子玉川 蔦屋家電で当社が提供する有機野菜を最新の調理家電で調理する試食イベントなどを行いました。

-なぜCCCグループと連携したいと思ったのでしょうか?

  当社は環境負荷の小さい農業を広げようと事業を展開しています。今までは、生産者との関係構築や生産から販売までがスムーズにつながる仕組みづくりを進めてきましたが、今後、もう一歩先のステージに事業を拡大してくためには、消費者のライフスタイルに変化を促すような施策が必要だと考えていました。

  いわゆるピッチイベントやビジネスコンテストにはあまり興味がないのですが、生活提案をしていく企画会社を標榜するCCCグループのベンチャー支援プログラムがあると知って、CCCグループなら消費者のライフスタイルの変え方を知っているのではないか?自社だけでやるより一緒に組むことで、何か学ばせてもらえる部分があるのではないか?と思い、応募しました。

ontheslope_02-TVPに参加して、大きな変化はありましたか?

 我々は今まで、農業者とのコミュニケーションに大きな時間を割いてきました。また、地方都市で事業をしてることからも、ビジネスセクターの方と密にかかわる機会がそれほど多くありませんでした。

受賞後、TMHの方々とゴールを決めてスケジュールを引いて目標を達成する為に何が足りてないのかを相談しながら進めていく事が新鮮でした。また、今回のサービス連携は自分だけは無く、ほかの社員もTMHの方々と意見を交換しながら目標に向かって進めていく体制を取っており、良い経験になっていると思います。あと、ベンチャーキャピタルから出資に関する問い合せは増えました(笑)。


-CCCグループとの連携プランについて、今後の展望を教えてください。

 「T-SITE」からの送客の精度をあげていく事はもちろんですが、二子玉川 蔦屋家電で行ったような食の提案をリアルな顧客接点で定常的に行っていきたいです。
また、事業成長が進めば、資本連携についても検討していきたいと思っています。

-最後に、第二期 TVPにエントリーを検討される企業様へ、ひと言お願いします。

  ぶっちゃけると(笑)、社員のみなさんが一生懸命に手作りで行っていた最終審査会を、なんというかチャーミングだと感じました。受賞後、連携について打合せをしていても、親身になりTMHが持っているノウハウを惜しみなく提供してくれ、一方で、短期的な収益性という意味では最短距離を走らないことが多い我々のスタンスを否定しない姿勢にも共感しました。また、システム連携をする際にITの担当の方が我々の事を知る為に、自腹で定期購入してくれたり、社内で「サラダ部」を立ち上げ、実際に当社の野菜を食べてみよう!と動いてくださることは本当にうれしいです。

まとめて言うと、打ち上げ花火的なイベントではなく、良い感じの人たちがやっているじわじわと効いてくるような取組みで、きちんと継続していこうという思いを強く感じました。今後、より多くの方に自分たちのサービスを知ってもらい、利用して欲しいと思っているベンチャー企業の方には、良いチャンスとなると思います。



TSUTAYA賞受賞 株式会社つみき  代表取締役社長 鈴木 貴幸氏

/tsumiki_01-まずは、現在進めている連携プランについて教えてください。

 まず、つみきが提供する映画レビューサービス「Filmarks」のWEBサイトとスマートフォン用アプリの検索メニューに「新作レンタル情報」を追加し、ネット宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」との連携を開始しています。また、新作レンタル映画作品に「レンタル開始日」を表示し、映画作品をClip!(観たい)しているユーザーに対しては、ユーザーからの要望が多かったレンタル開始日のプッシュ通知(iOS向けアプリのみ)を行っています。そして、「Filmarks」の映画作品ページに「TSUTAYA」店舗のレンタル在庫情報を表示する機能を追加しました。

T-VENTURE PROGRAM(以下、TVP)に応募しようと思ったキッカケは何ですか?

  去年TOKYOイノベーションリーダーズサミットに参加した際に、TVPのチラシを見てこのプログラムのことを知りました。そもそもTSUTAYAのお店で「見たい映画をみつけやすくしたい」というのが「Filmarks」を始めたきっかけでした。サービス当初には、勝手に「もうTSUTAYAで迷わない」というキャッチコピーをつけていて(笑)、いつかは「TSUTAYA」と一緒に仕事をしたいと思っていたので、この機会に応募をしようと思いました。

tsumiki_02-TVPに参加して、大きな変化はありましたか?

  いろいろと大きく変わりました(笑)。先日、CCCグループと業務提携を発表しましたが、提携を決定した後、双方で将来の可能性を検討し、アイデアを出し合いながら打合せをしてきたので、着実に関係性が深まっていると感じています。「Filmarks」のコンセプトである「いい映画と出会おう」をカタチにする為のフィールドが広がっています。

また、CCCの増田社長と直接打ち合わせをさせて頂く機会もあり、企画を生み出す方法について学べたのは非常に良い経験でした。CCCグループの方々とやり取りして、自分たちの強み、足りないことなど、改めて自分たちのサービスを見つめ直す良い機会になりました。

-CCCグループとの連携プランについて、今後の展望を教えてください。

  「Filmarks」を利用すれば映画に関係する全てのことが完結できる、映画と人を繋ぐプラットフォームになりたいと思っています。その上で、TSUTAYAの店舗やネットサービスやT会員のデータベースと、「Filmarks」の感情データを連携して、より深くより豊かな映画の提案をしていきたいです。

-最後に、第二期 TVPにエントリーを検討される企業様へ、ひと言お願いします。

実際にやり取りをする前は、CCCグループは大企業という印象が強く敷居が高いのでは?と思っていたのですが、実際に連携に関してやり取りをしてみると、非常にスピーディーでコミュニケーションがとりやすく、我々ベンチャー企業よりもアグレッシブな印象さえ受けて、刺激的です。TVPを通じて、自社のサービスの強み弱みを再確認出来たり、将来のスケールイメージが膨らんだりもしました。さらに事業を拡大していきたいと考えているベンチャー企業の方には、是非気軽にエントリーしてみることをオススメします。




第二期 「T-VENTURE PROGRAM」 説明会のご案内

説明会への参加申し込みは、各会場の申し込みページよりご応募ください。

★説明会日程

 東京説明会 8/28(金)18時 @CCC本社オフィス (http://peatix.com/event/105629
 札幌説明会 9/03(木)18時 @ミライスト・カフェ (http://peatix.com/event/105630
 大阪説明会 9/04(金)18時 @梅田蔦屋書店 (http://peatix.com/event/105631
 福岡説明会 9/11(金)18時 @福岡市スタートアップカフェ (http://peatix.com/event/105632

★第二期「T-VENTURE PROGRAM」全体スケジュール

  エントリー受付:8/28(金)~10/2(金)
  一次審査 :10/6(火)~10/20(火)
  二次審査 :10/21(水)~11/2(月)
  最終審査会:12/4(金) @渋谷ヒカリエ Hall A